シルバークレイについて

シルバークレイとは

シルバークレイは、純銀と水をバインダーと呼ばれる結合材で練った粘土状の素材である銀粘土を利用してアクセサリーを作る製法です。

シルバークレイ特徴

銀粘土は通常の銀よりも低い温度で焼結するため、手軽に銀製のアクセサリーを作ることができます。 銀粘土は乾燥させることで水分を蒸発させ、高温で焼くことでバインダーが消失し、銀の粉末が焼成して、99.9%の純銀となります。

シルバークレイの魅力

銀粘土は粘土と同じ要領で水分を調節することで、何度でも練り直しができるため、他の製法よりも手軽にアクセサリー作りを楽しむことができます。 ただし、彫金やロストワックスで作ったアクセサリーよりも壊れるケースが多いのも事実です。


銀粘土の種類には、ペーストタイプ、ペーパータイプ、シリンジタイプなどがあります。作りたいアクセサリーの用途に応じて、素材を選ぶことができます。 銀粘土は焼く時に収縮するため、仕上がったアクセサリーがやや小さくなるという特徴があります。収縮は銀粘土の形成物質の比率により異なります。 シルバークレイはガスコンロなどを用いて作ることができるため、自分一人だけですべての工程を終えることができます。趣味でアクセサリーを作る方にはもっともお勧めの方法です。

アクセサリー作りなら何でもお任せください